社会 - わかりやすい ニュース
2017/10/07

障害や病気のある 子どもを あずけることができる 保育施設ができた


Embed from Getty Images

保育所のイメージ






    2017年10月2日、
    障害や病気のある 子どもを
    あずけることができる 保育施設が、
    東京都渋谷区に できました。

    この保育施設には 看護師がいたり、
    小児科という
    子どものための病院が あったりして、
    障害や病気のある 子どもを
    安心して あずけることができます。


    しかし、このような保育施設は
    日本には 少ししかありません。

    障害や病気のある 子どもを
    保育所に あずけようとすると、
    「受けいれる環境が 整っていない」
    といって 断られることが
    問題になっています。

    ――――――――――――――――――――

    この記事は、
    2017年10月2日11時45分の
    NHK NEWS WEB
    「 障害や病気の子どもも受け入れる保育施設が開設」(http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171002/k10011164871000.html?utm_int=news-life_contents_list-items_010)
    をもとにして 書きました。

    ――――――――――――――――――――


    △のボタンをおすと 人の声で聞けます
    (読んだ人:加藤 愛優美(かとう あゆみ)さん)



    にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護情報へ←クリックしてください
    にほんブログ村 ニュースブログ 今日のニュースへ←クリックしてください
2017/09/16

栃木県の施設で 知的障害のある人が 虐待され、 大けがをした



障害者虐待防止法の
パンフレット






    2017年4月、
    栃木県 宇都宮市にある
    「ビ・ブライト」という施設で 暮らしていた
    知的障害のある男性が、
    施設の職員2人から 暴力をうけて
    大けがをしました。

    その後 9月13日に
    施設の職員2人は 警察に捕まりました。


    最近1年間で、
    日本にある施設で 虐待された
    障害のある人の 多くは、
    知的障害のある人でした。

    もしも虐待されたときには
    「やめて」と言い、
    役所や 身近な人に 相談してください。

    虐待されている人を 見かけたら
    役所などに 言いましょう。

    ――――――――――――――――――――

    ・虐待とは…
    ひどいことを言う
    暴力をふるう
    体をさわる
    無視するなど、
    他の人に ひどいあつかいをすること。

    障害者虐待防止法という 法律は
    障害者を 虐待してはならないこと、
    虐待を見つけた人は
    役所に 言わなければならないことを
    さだめている。
     
    ここをクリックすると
    障害者虐待防止法の パンフレットが
    開きます


    ――――――――――――――――――――

    この記事は、

    2017年9月11日18時29分の
    NHK NEWS WEB
    「 障害者施設で入所者大けが 病院搬送前日に体調悪化 職員が暴行か」(http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170911/k10011135381000.html?utm_int=detail_contents_news-related-manual_002)と、

    2017年9月13日4時11分の
    NHK NEWS WEB
    「障害者男性への暴行疑いで元職員の女を逮捕 宇都宮」(http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170913/k10011137001000.html?utm_int=news_contents_news-main_004&nnw_opt=news-main_b)

    をもとにして 書きました。

    ――――――――――――――――――――


    △のボタンをおすと 人の声で聞けます
    (読んだ人:浅見 好香(あさみ このか)さん)



    にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護情報へ←クリックしてください
    にほんブログ村 ニュースブログ 今日のニュースへ←クリックしてください

2017/08/12

広島と長崎に 原爆が落とされてから 72年がたった


Embed from Getty Images

広島市にある原爆ドーム







    2017年8月9日で、
    広島と長崎に 原爆が落とされてから
    72年がたちました。

    今までに
    原爆を受けて 亡くなった人は
    48万人をこえています。


    2017年7月には
    核兵器禁止条約が できましたが、
    日本などの国は 条約に反対し
    参加していません。

    広島市の平和記念公園に
    祈りにおとずれた人は、
    「核兵器禁止条約に
    日本が 参加していないのは
    理解できない。
    核兵器は ないほうがいい。」と
    話しました。


    ーーーーーーーーーーーーーーー

    ・核兵器禁止条約とは…
    核兵器をなくすことを めざして
    世界の国ぐにの会議で 作られた
    決まりのこと。

    129の国が 参加したが、
    核兵器を持っている国や
    核兵器を持っている国に
    守られている 日本などは
    参加していない。

    ーーーーーーーーーーーーーーー

    この記事は、
    2017年8月6日4時00分の
    NHK NEWS WEB
    「きょう72年 広島原爆の日 核兵器のない世界を」(http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170806/k10011089181000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_188)と、

    2017年8月9日5時31分の
    NHK NEWS WEB
    「長崎 原爆投下から72年となる『原爆の日』
    」(http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170809/k10011093761000.html?utm_int=detail_contents_news-related-auto_002)
    をもとにして 書きました。

    ーーーーーーーーーーーーーーー


    △のボタンをおすと 人の声で聞けます
    (読んだ人:おおわん はるさん)



    にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護情報へ←クリックしてください
    にほんブログ村 ニュースブログ 今日のニュースへ←クリックしてください
2017/08/05

医療や介護、年金に関する制度が 変わった


Embed from Getty Images

病院の待合室






    2017年8月1日から
    医療や介護、年金に関する制度が
    一部 変わりました。


    医療の分野では、
    医療費の計算方法が 変わりました。

    所得が高い 70才以上の高齢者で
    たくさん病院にいっている人は、
    今までよりも多く
    医療費を払うことになります。


    介護の分野では、
    40才から64才の人のうち
    所得の高い人が払う 介護保険料が
    上がりました。


    年金の分野では、
    年金保険料を 払った期間と
    年金保険料を 払わなくてよいとされた期間が
    あわせて10年以上あれば、
    年金をもらえるようになりました。

    今回の変更により
    今までよりも 多くの人が
    年金をもらえるようになります。

    ーーーーーーーーーーーーーーー

    ・介護保険とは…
    介護が必要になったときに備える
    国の保険のこと。

    40才から64才までの人が
    介護保険に入り、保険料を払う。

    ーーーーーーーーーーーーーーー

    この記事は、
    2017年8月1日5時28分の
    NHK NEWS WEB
    「社会保障の仕組み きょうから一部変更 負担増の高齢者も」(http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170801/k10011082501000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_006)
    をもとにして 書きました。

    ーーーーーーーーーーーーーーー


    △のボタンをおすと 人の声で聞けます
    (読んだ人:西山 祐樹(にしやま ゆうき)さん)



    にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護情報へ←クリックしてください
    にほんブログ村 ニュースブログ 今日のニュースへ←クリックしてください
2017/07/08

「バニラ・エア」という会社が、車いすを使っている人が 飛行機に乗ることを断り、批判された




バニラ・エアの飛行機







    2017年6月、
    木島 英登(きじま ひでとう)さんという人が
    空港で 車いすに乗ったまま
    「バニラ・エア」という会社の
    飛行機に 乗ろうとしました。

    しかし、「バニラ・エア」は、
    飛行機に 乗るための階段を
    車いすのまま のぼりおりできる昇降機を
    持っていませんでした。


    「バニラ・エア」のスタッフは、
    木島さんが 歩けないという理由で
    飛行機に乗ることを 断ったり、
    木島さんの友人たちが
    木島さんを 車いすごと持ちあげて
    階段をのぼろうとするのを
    止めたりしました。

    そのため、木島さんは 車いすからおりて、
    自分の腕の力で 階段をのぼり
    飛行機に乗りました。


    「バニラ・エア」は
    木島さんが 飛行機に乗ることを
    断ったことなどについて、
    「障害者差別だ」と批判されました。


    その後、「バニラ・エア」は
    木島さんに いやな思いをさせたことを 謝り、
    車いすの人が 昇降機を使って
    飛行機に乗れるようにしました。

    ーーーーーーーーーーーーーーー

    この記事は、
    2017年6月28日19時16分の
    NHK NEWS WEB
    「車いすから降り自力でタラップ上る バニラ・エアが謝罪」(http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170628/k10011033261000.html
    をもとにして 書きました。

    ーーーーーーーーーーーーーーー


    △のボタンをおすと 人の声で聞けます
    (読んだ人:西山 祐樹(にしやま ゆうき)さん)



    にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護情報へ←おしてください
    にほんブログ村 ニュースブログ 今日のニュースへ←おしてください