天皇陛下が 「生きているあいだに 天皇の役割を 次の人に ゆずりたい」と 考えていることが わかった - わかりやすい ニュース
2016/07/14

天皇陛下が 「生きているあいだに 天皇の役割を 次の人に ゆずりたい」と 考えていることが わかった







    天皇陛下が
    「生きているあいだに 天皇の役割を
    次の人に ゆずりたい」
    と考えていることが わかりました。

    天皇陛下は いま 82才です。
    次の天皇は 天皇陛下の息子の
    皇太子になる 予定です。


    いまの決まりでは
    いまの天皇が 亡くなったあとに
    次の人が 天皇になるときのことしか
    決められていません。

    政府は
    決まりを 変えるかどうかを
    話しあうことに なりそうです。

    ーーーーーーーーーーーーーーー

    この記事は、
    7月13日19時00分の
    NHK NEWS WEB
    「天皇陛下 「生前退位」の意向示される」(http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160713/k10010594271000.html?utm_int=news_contents_news-main_001_relation_002
    をもとにして 書きました。

    ーーーーーーーーーーーーーーー

    写真は、
    NHK NEWS WEB
    「天皇陛下 象徴の務め果たせるものが天皇位にあるべき」(http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160713/k10010594371000.html?utm_int=news_contents_news-main_001_relation_001
    から もらいました。

    ーーーーーーーーーーーーーーー

    この記事の感想を 書くところ

    にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護情報へ←おしてください
    にほんブログ村 ニュースブログ 今日のニュースへ←おしてください

コメント

非公開コメント