自衛隊が 南スーダンという国で 「かけつけ警護」を できるようになる - わかりやすい ニュース
2016/11/19

自衛隊が 南スーダンという国で 「かけつけ警護」を できるようになる




戦車に 乗って 訓練する
自衛隊の人たち(静岡県)






    11月15日、日本の政府は、
    自衛隊が 南スーダンという国で
    「かけつけ警護」を してもよい
    と決めました。

    「かけつけ警護」とは、
    国際連合の 職員などが
    攻撃されたときに
    自衛隊が 助けに 向かうことです。

    今まで 自衛隊は
    武器を つかって
    たたかっては いけませんでした。

    しかし、
    「かけつけ警護」を するとき
    自衛隊は 武器を つかって
    たたかうことが できます。

    自衛隊が はじめて
    武器を つかって
    たたかうかもしれないと
    注目されています。

    ーーーーーーーーーーーーーーー

    ・自衛隊とは…
    日本の人びとが
    外国から 攻撃されたときなど
    危険に さらされたときに、
    日本の人びとを 守る組織のこと。

    ・南スーダンとは…
    アフリカにある国。
    2013年から 国のなかで
    あらそいが 続いている。

    ・国際連合とは…
    世界の国ぐにが 集まって
    いろいろなことを 決めたり
    実行したりする 機関のこと。

    ーーーーーーーーーーーーーーー

    この記事は、
    2016年11月15日13時53分の
    NHK NEWS WEB
    「南スーダン派遣の自衛隊部隊に駆け付け警護の任務付与 閣議決定」(http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161115/k10010769301000.html)
    などをもとにして 書きました。

    ーーーーーーーーーーーーーーー


    △のボタンをおすと 人の声で聞けます
    (読んだ人:加藤 愛優美(かとう あゆみ)さん)



    この記事の感想を 書くところ

    にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護情報へ←おしてください
    にほんブログ村 ニュースブログ 今日のニュースへ←おしてください

コメント

非公開コメント