日本老年学会が 「高齢者」という言葉の 意味を 75歳以上にすることを 提案した - わかりやすい ニュース
2017/01/08

日本老年学会が 「高齢者」という言葉の 意味を 75歳以上にすることを 提案した





    日本では 現在、
    65歳以上の人を
    「高齢者」と 呼んでいます。

    しかし
    医療が 進むにつれて、
    健康に くらせる 期間も
    長くなってきました。

    そこで
    日本老年学会という団体は、
    「高齢者」という言葉の 意味を
    75歳以上の人に することを
    提案しました。

    日本老年学会という団体は、
    今 「高齢者」と 呼ばれている
    65歳から74歳の人も、
    健康なあいだは 仕事やボランティアに
    取り組んでほしいと 期待しています。

    ーーーーーーーーーーーーーーー

    この記事は、
    2017年1月5日18時23分の
    NHK NEWS WEB
    「『高齢者の定義75歳以上に』老年学会提言」(http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170105/k10010829971000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_030)
    をもとにして 書きました。

    ーーーーーーーーーーーーーーー


    △のボタンをおすと 人の声で聞けます
    (読んだ人:おおわん はるさん)



    この記事の感想を 書くところ

    にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護情報へ←おしてください
    にほんブログ村 ニュースブログ 今日のニュースへ←おしてください

コメント

非公開コメント